記者発表会
「日本eスポーツの夜明け~AMDによるeスポーツ振興に向けた新たな取り組み~」
を開催いたしました

2017.11.17AMDのご案内
記者発表会「日本eスポーツの夜明け~AMDによるeスポーツ振興に向けた新たな取り組み~」集合写真|一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)

(写真)前列左から 鐘ヶ江 秀彦 日本シミュレーション&ゲーミング学会会長、襟川 惠子 AMD AeGI理事長、中村 英正 東京オリンピック・パラリンピック大会組織CFO 企画財務局長、後段左から 森本 紘章 AeGI理事 AMD顧問弁護士、 浜村 弘一AMD AeGI理事 Gzブレイン代表取締役社長、中村 伊知哉 AMD参与 AeGI副理事長 慶應義塾大学大学院教授。

eスポーツ振興のための新たな取り組み

一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)は、eスポーツ振興を目的に2018年2月開催予定の「闘会議2018」内で開催されるゲーム大会において、ご支援を賜りました企業様より協賛いただいた賞金1000万円を拠出することを発表いたしました。
eスポーツは2022年開催の「アジア競技大会」において正式なメダル種目に選ばれるなど、今後オリンピック競技となることを見据えて各国が準備に動き出しています。
eスポーツ大会の映像配信は世界で3億8000万人以上に視聴され、賞金総額が20億円を超える賞金制大会が実施されるなど、海外では大きなうねりとなっています。一方で日本では大規模な賞金制大会の開催実績がなく、プロプレイヤーの育成が阻まれてきました。
AMDでは今回の賞金制競技大会の実施を通じて、eスポーツの発展に寄与いたします。

東京オリンピック・パラリンピックに向けて

AMDでは、世界の注目を集める東京オリンピック・パラリンピックに向けてeスポーツ振興に取り組んでまいります。大会期間中に世界に向けて日本のeスポーツを発信できるよう、関係各所と連携をして活動してまいります。

学識経験者が語るeスポーツ

発表会では、AMDからの発表にあわせて、学識経験者をはじめとする皆様からコメントをいただきました。
鐘ヶ江秀彦立命館大学教授は、IT技術の発展により人間の仕事が変容していく中、eスポーツはこの流れにそった新しい職業として意義があるとコメント。 また、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の中村英正CFOは、オリンピック・パラリンピックのアスリートが切磋琢磨し讃えあう精神はeスポーツと共通すると述べられ、eスポーツが社会を変えていくだろうと話されました。

登壇者 (登壇順・敬称略)

襟川 惠子

AMD AeGI理事長
株式会社コーエーテクモホールディングス代表取締役会長

鐘ヶ江 秀彦

NPO法人日本シミュレーション&ゲーミング学会会長
立命館大学政策科学部教授

中村 英正

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック大会組織CFO 企画財務局長

中村 伊知哉

AMD参与 AeGI副理事長
慶應義塾大学大学院教授

浜村 弘一

AMD AeGI理事
株式会社Gzブレイン代表取締役社長

森本 紘章

AMD顧問弁護士 AeGI理事